派遣のMR

MR 派遣MRというのは製薬会社がつくった製品、つまり薬品を医療機関の医師、薬剤師にその情報を伝えていく仕事です。基本的にはその製薬会社の正社員のMRが担当して様々な医療機関を訪問し情報を共有したり、薬品の卸売会社の営業の担当者と打ち合わせ、医師たちの情報の共有を行なったりします。近年ではそういったMRも派遣社員を雇用して仕事を任せているケースも出てきています。
その要因というのは、新薬が開発され、その医薬品を製品として認知度を高めていくためには、新薬を開発し市場に出回っていく過程で、たくさんのMRの活躍により成り立っているから、というのが挙げられます。新薬を開発し市場に出回せる短期間に人員を一時的に増やし、かつ即戦力を得たいという製薬会社のニーズがあるというのが、派遣社員の採用が行われているひとつの要因です。
専門的なMRの派遣を行なっている企業もありますが、最近では、一般職の派遣を行なっている企業でもMRの派遣を考えるようになり、自社で研修を行いMRを育てる制度を設けているところも出てきています。また、コントラクトMRといった、少し特殊なケースも出てきています。

派遣という特徴のためMRの世界でも、契約期間が定められているのは派遣としての特徴です。給料としては、アルバイトやパートと比較して高めで、他の一般職の派遣社員よりも専門的な知識を必要とし、豊富な高度のある知識が必要になってくるために、同じ派遣社員と言ってもMRの派遣社員の方が好待遇を得たりするケースも多いです。
契約期間が設けられて、期間が終われば次の製薬会社と契約を結んでいくので、様々な製薬会社で働くことで、医薬品に関して知識力がどんどん高まっていくと同時に、派遣されていた製薬会社に正社員として抜擢、転職することも可能な場合もあります。

コントラクトMRというのは、CSOという企業に正社員、契約社員として所属し、製薬会社に派遣したり、製薬会社から業務を受諾してMRの仕事を行う人たちの事を指します。
コントラクトMRは、正社員としてそれぞれのCSOの企業の雇用契約にともない給料などが支払われるのですが、派遣社員よりも好待遇な事が多いようです。企業によっても変わってきますが、住宅手当が付いたりする場合もあったり、未経験でも採用を行い自社独自の研修体制のもと即戦力となりうるMRの人材を育てるようなシステムを作っている企業もあります。